So-net無料ブログ作成
検索選択

Adobe Photoshop「比較(明)」でキラキラ星夜景をつくる [写真]

3分クッキングのお時間がやってきました。
今日は3分で普通の夜景をロマンチックなキラキラ星夜景に料理してみます。
まずは材料を用意します。

464.jpg
過去に撮った星空写真を軽く現像します。
星の光点と宇宙の部分の明暗がよくわかるように現像するのがポイントです。

_DSC5248.jpg
次に普通の夜景を一枚。

この普通の夜景に星写真をレイヤーで乗せてやり、

4455.jpg
レイヤーの種類を比較(明)に!

_DSC5248合成.jpg
仕上げに不要な星を消しゴムツールや選択ツールを使って消してやれば出来上がりです。

_DSC5001.jpg
普通の写真が簡単に星降るロマンチックな写真になりますので、ぜひやってみてください。


応用例
_DSC1879.jpg
ではでは〜^^

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご無沙汰してます。 [写真]

Facebookはまじめに更新しているのですが、ブログの方はすっかり更新が止まっていました。
あんまり放置もよく無いですね。^^;
またしばらくは忙しくネタができませんが、少しずつ更新していこうと思います。
だいぶ古い写真ですが、今回は梅雨の京都を!!


確か大阪の万博公園で撮影の仕事があって、翌日は尾道へ行くので大阪に一泊したんでした。
半日暇だったので京都まで行ってみたんです。
清水寺って実は行った事がなかったのと、ついでなら伏見にも行ってみようと大阪から電車で移動します。

_DSC9613.jpg
粋なお店が立ち並ぶ小道を進んで行くと清水寺がありますね。
お店が粋すぎて敷居が高いです。^^;

_DSC9647.jpg
天気は悪かったんですが、なかなかの賑わいです。でも9割がチャイナ人だと思うぞ!

_DSC9626.jpg
貸し衣裳も大人気!
チャイナ人たちはこぞって浴衣をレンタルし、記念写真をとりまくっています。
良い思い出になるといいですね。^^

_DSC9656.jpg
緑が瑞瑞しいですねー。さすが梅雨です。

_DSC9659.jpg
梅雨はなんといっても一年で一番好きです。
夏を感じられるけど暑くもなく、実は夏ほど雨が降らないのも梅雨の特長だったりします。
ジメジメのイメージがありますが、夏の方が実はジメジメしているってみなさん気づいていませんね。

_DSC9667.jpg
緑の小道
この先は険しいそんなのでパスです。膝痛いし。^^

_DSC9676.jpg
清水寺ってベースの部分が石垣になっていたんですね。
知りませんでした。やはり現地へ行ってみるのが一番大切です。

_DSC9695.jpg
のれん街に戻ってきました。
これから伏見へ行ってみます。

_DSC9721.jpg
で、どう着した伏見。
誰もが撮るテンプレート写真をパチパチ。
やはりこういった有名な場所からは作品は撮れませんね。^^;

_DSC9723.jpg
チャイナギャル一人旅のようです。
なぜだか私についてきて離れません。私を同朋のチャイナ人と思っているにちがい無い。(笑)

_DSC9737.jpg
じゃあ風景の一部になってもらうか・・・
って向こうもこっちを撮ってましたけどね。^^

_DSC9747.jpg
夕方になって疲れてきたので、私はチャイナギャルとは別れて別の道へ。

_DSC9752.jpg
お稲荷さんに混ざって猫さんがお見送りしてくれました。

久しぶりの京都。短い時間でしたが楽しめましたよ。
七味のお土産を買って大阪へ帰ります。翌日は尾道へ移動です。
次回は尾道のレポートをしますね。^^ ではでは!!

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパニオンと宣伝 [写真]

先日、毎年恒例のCP+が横浜で開催され、無事終了しました。
写真家でプロカメラマンの茂手木師匠のセミナーは毎回かなり勉強になるので今年も行ってきましたよ。^^
DSC_5586.jpg
茂手木師匠の講演の様子

DSC_5559.jpg
茂手木師匠の説明はとにかくわかりやすく丁寧です。
しかも作例がこれまた素晴らしいのです。
ご興味のある方は、是非ニコンカレッジで茂手木師匠の講習を受けてみてください。


さて、今回は表題のコンパニオンのお話。

コンパニオンを立たせておくと、カメラ小僧が展示物そっちのけで、こぞってコンパニオンに群がり写真を撮っていきます。そのため出展企業としては少しでも宣伝になればと、商品を持たせて写真を撮らせたり、カタログを持たせて写真を撮らせたりしているんです。
以前は商品に興味を全く示さないカメラ小僧は、企業としてはハエと同じで、ただ邪魔な存在でした。
しかし実は違います。確かに彼らが展示されている商品を購入したりする事は稀でしょう。でも彼らが撮った写真はSNSやブログを通じて、ネット世界にものすごいスピードで広まっていくんです。その宣伝効果はプライスレス!
そこに気づいた先進的な企業はコンパニオンの扱い方を心得ています。

今回のCP+から例をあげてみました。

DSC_5626.jpg
まずは昔ながらの商品を片時も手放さず撮らせるスタイル。
これ、商品は写るかもしれませんが、ほとんど宣伝効果はありません。
特に今回はカメラを持ってますね。よほど奇抜なカメラでないと機種や型番もわからず、宣伝力は限りなく低くなります。しかもツワモノのカメラ小僧になると、ズームレンズで顔以外はカットします。(笑)
C社はもっと研究が必要なようです。カメラメーカーなのにわかってないな〜(-_-;)

DSC_5593.jpg
次も昔ながらのスタイル。チラシやカタログを持つパターンですね。
この技法を使う場合、カタログ表1のデザインがものを言います。
しかしどうでしょう。今回のカタログはなんとチラシ。
紙面になんて書いてあるのかわかりません。
しかももっと顔に近づけないと、カットされたり後処理でトリミングされちゃいますよ!!
ツメの甘さを感じます。

DSC_5591.jpg
これすごいですよ!
一見するとカタログを持っただけの昔のパターンじゃん!って思うかもしれませんが・・・
お判りいただけただろうか?コンパニオンの背後に・・・・

そう、超巨大なRICOH THETA(リコーシータ)の模型が!!
猛烈アピールしています。
偶然ではなく、このコンパニオンさん、この場を決して動きません。
写真を撮られる際、シータを必ず背後にしているんです。
なんとRICOHがここまで先進的だったとは!!素晴らしい戦略です。

DSC_5604.jpg
次のパターンはこれ。
商品ブランドのプリント経師を什器に貼り付けて撮影専用の場所を作っているパターンですね。
コンパニオンさんも教育されているのか、壁から絶対に離れようとしません。
素晴らしい!!これだと商品を持って、しかも商品の名前まで写真に写りこませる事ができます。
ただ今回はちょっとロゴ位置が高くてコンパニオンさんの身長が足りません。
事前にコンパニオンさんの身長を考慮してロゴ配置する必要がありますね。^^

DSC_5618.jpg
ラストはこれ。
ロゴ入りプリント経師什器の前に看板と商品を手にして立たせるスタイル。
これ最強です。一目で出店企業と何を展示しているのかがわかりますね。
手に持つものをありきたりのカタログとかでは無く、看板にした事で看板を顔の高さまで上げる事が出来るため、このスタイルだとカメラ小僧たちも看板を撮らずにはいられません。
docomoは侮れません。

しかーーし!!

実はdocomoさんよりずっと前にこれやっていた最強企業があったんです。
それはこちら!

_DSC2426.jpg
去年のCP+で東芝さんのブースにて撮影。
これ理想形です。
うちの会社のコンパニオンもこのスタイルで今後行きたいと思います。
展示会場は撮影不可ですが、うちの会社のブース内はバシバシ写真撮ってください。(笑)

建築建材展
東京ビッグサイトで3月8日から開催です。^^

Nikon1 J5と御茶ノ水をぶらり夜散歩 [写真]

久しぶりの更新です。
ネタが無かったのもありましたが、ほぼ普段の報告はFacebookがメインになってました。(^_^;;
ブログも重要なので、これから定期的に更新していきたいと思います。

先日、神田で飲む機会があって、時間つぶしがてらNikon1 J5を持って、御茶ノ水から神田までブラブラ歩いてみました。三脚があれば、もっと気の利いた写真が撮れたんですが、お気軽装備なのでNikon1 J5と1NIKKOR18.5mm F1.4のみです。

DSC_5835.jpg
ソラシティーからスタート。
クリスマスのイルミネーションがここでも。

DSC_5879.jpg
聖橋からの眺め
ここはJRと丸の内線がクロスしていて、鉄撮りの人には馴染みのある場所なんですよね。^^

DSC_5881.jpg
工事区


DSC_5907.jpg
カフェテラスがありました。
寒くてさすがに誰も利用していません。
ロウソクの明かりが寂しくともります。

DSC_5908.jpg
アンバーに現像してみました。

Nikon1 J5は解像度が高いので、重いD800や、おしゃれだけどかさばるDfは、
仕事以外では使わなくなっちゃいました。^^;
カメラは軽くて小さいのに限るな〜。

Nikon1 J5まだまだ人気です。下のリンクからポチっといっちゃってください。(笑)


nice!(15)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Jpeg画像をPhotoshopカメラRAWで開く [写真]

デジカメのRAWデータを現像する時によく使うPhotoshopカメラRAWですが、実はRAWデータだけでなくjpegデータもPhotoshopカメラRAWで開く事ができます。
PhotoshopカメラRAWで開く事で、RAWデータを現像する時のように、色調や明度、彩度など色々いじれるので楽しいですよ。^^

ちょっと簡単にクールな写真をつくってみたいと思います。

moto.jpg
元のデータはこれを使います。
私がよく素材を買っているfotoliaさんから買ってきました。

a1.jpg
これをAdobe Bridgeを使ってカメラRAWで開いてください。
Adobe BridgeはAdobeクリエイティブクラウド利用すると付いてくるアプリです。

a3.jpg
二枚の画像を現像します。
1枚目は色調をブルー寄りに調整して、彩度を下げたもの。

1.jpg
これだけでもクールといえばクールなんですが、可愛く目をナタリー色にしたいので・・

a2.jpg
もう一枚は彩度はあまり下げずにブルーの色調に現像します。

2.jpg
青い瞳のナタリーが現像できました。
この画像は目玉だけ使いますよ。^^

a6.jpg
二枚の画像をレイヤーで1つのファイルにします。

a4.jpg
あとは目のところだけマスクして、

kansei.jpg
ものの3分で青い瞳のナタリーバージョンが完成。

モデルさんのポートレートなどをやっている方は是非自分の写真でやってみてくださいね。^^

Adobe Creative Cloud[2015年度版]12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

Adobe Creative Cloud[2015年度版]12か月版 Windows/Mac対応 [ダウンロードコード]

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: Software Download

nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Nikon1 J5で北海道を撮る「牧場編」 [写真]

先日出張北海道へ行っていたですよ。3泊4日で。
出張なので仕事で行ったわけですが、今回は珍しくプロの写真家、茂手木秀行師匠にお仕事を依頼していて、私はコーディネーターみたいな感じで比較的精神がフリーダムな出張です。

DSC_2493.jpg
Nikon1 J5+1NIKKOR18.5mmF1.8
Nikon1 J5。今回も活躍しました。
私自身も撮影の仕事が無いわけではなかったので仕事用にNikonD800も持っていきましたが、ほとんどNikon1 J5で撮ってまわってました。やはりなんたってコンパクトで軽い。首からぶら下げていても邪魔にならないのがいいです。

さて、仕事の方は訳あって札幌から旭川、旭川から名寄まで移動します。
名寄には夕方着いたのでここでも数カット撮っておきたい。そんなわけで師匠と牧場へ!
師匠は日頃から言っています。
カメラが撮る写真、レンズが撮る写真ではなく、自分の写真を撮ろう」と。

DSC_2525.jpg
Nikon1 J5+1NIKKOR18.5mmF1.8

思えば私もレンズが撮る写真に騙されて、これ、いい写真だな、なんて感じていた時期もありました。(遠い目)
魚眼レンズでギュンギュン歪ませて面白い写真撮ったり、ひたすら深度の浅いボケボケのレンズでフワフワで綺麗なだけの写真撮ったり・・・ボケが綺麗ですね〜なんて言われて喜んだり・・・(それってレンズが褒められただけなのに・・)
DSC_2523.jpg
Nikon1 J5+1NIKKOR18.5mmF1.8

実際、正攻法で写真を撮ってみると、これが実に難しい事に気づきます。
ある程度写真を撮っていると周りが見えなくなったりして、そしてあるとき違うんじゃないかと気づき、他人の作品をみて参考にしたり、ひどいときはマネしたり。これが悪循環スパイラルですね。

そもそも、何でそこでシャッターを切るのか?
なにを表現したかったのか?
すべてはこれに尽きるんです。他人の写真から得られるものなんてある意味、無いんです。

師匠といるととても心の勉強になります。

DSC_2477.jpg
次回は美瑛のテンプレート的な写真をご紹介します


nice!(20)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女の子カメラNikon1 J5で食べ物を撮る [写真]

何度もここで紹介しているNikon1 J5ですが、女の子カメラらしい機能に液晶タッチシャッターがあります。
通常のカメラだとフォーカスさせたい場所にフォーカスエリアを持って行って撮ったり、ファインダー中央にあるフォーカスエリアを動かさず、カメラを動かして一旦フォーカシングしてから構図をつくり撮る方法などがあります。
こられの方法だとどうしても構図の作り込みが難しくなってしまうんですが、液晶タッチシャッターだと構図を作ってからフォーカスさせたいところを指でタッチしてやるだけです。
また、Nikon1 J5は全く音を出さない設定があるので、たとえばレストランなどでも周りのお客の迷惑になる事がありません。
そんなわけで今回は食べ物を撮ってみました。

DSC_2061.jpg
photo:Nikon1 J5+1NIKKOR18.5mm1.8G
チェゴヤのユッケジャンクッパです。
食べ物を綺麗に撮るには、前に何度も取り上げましたが、半逆光にする事です。
お店の場合、窓際、そして自分と料理の先から光が入る席を選びます。^^
このレンズ開放は1.8ですが、1.8だとさすがに被写界深度が浅すぎるため、
料理写真には大切なシズル感が損なわれる場合があるので
F2〜2.2くらいまで絞り込むようにします。

DSC_2072.jpg
この写真はユッケジャンクッパを食べた後に違う店で飲んだカフェラテです。
コーヒーカップで出てくる事を期待していたのですが、
残念な事に紙コップで出てきてしまいました。
そうなると肝心のカフェラテの美味しそうな泡やシズル感を表現するのは
難しくなります。
では、と紙コップのデザインが良く分かるようにして
カフェラテ感を強調してやりました。
どんなお店だったのかわかるように背景にも気をつけると、
後で見た時楽しく思い出せます。


DSC_2039.jpg
こちらは私の大好きな宝来軒のモヤシソバ。
このお店はあいにく光を効率良く取り込める席が無いので
室内照明が半逆光になるように座ります。
ツヤツヤの光沢がある部分にフォーカスされているとシズル感が強調されますよ。^^

とにかく小さくて無音、瞬時に取り出して瞬時に構図をつくり撮影ができるNikon1 J5。
日頃のお供には実に丁度良いカメラです。^^

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Nikon1 J5ですみだ水族館を撮る [写真]

先日買ったNikon1 J5ですが、持っている純正のCXフォーマットレンズは10mmと30-110mmのズームレンズの2本のみ。10mmは35ミリ換算すると30mm弱になり、CXフォーマットの30mmだと80mmレンズに相当してしまいます。もちろんCXフォーマットで言う110mmは普通の300mmレンズに相当する為、望遠側では全く不便はありません。
しかし、、、お判りいただけるように普通で言うところの50mmの標準レンズが無いわけです。
標準レンズと言えば、まず誰でも初めにゲットするレンズですよね。それが私の場合無いという致命傷(>_<)

ボーナスも出た事だし、ここはもう一本増やしますか・・^^;
Nikon1は作品を撮るようなカメラでは無いし、仕事の写真もNikon1では撮れないので、レンズは減価償却できません。3週間くらい悩んだあげくとうとうCXフォーマットで言うところの標準レンズ18.5mmをゲットしたわけです。(前回の記事でもふれていました)

18.5mmはF値が1.8と明るいです。しかも被写体に20cmくらい寄る事が出来るんです。
これはもうあそこに行くしかありませんね。^^
そうそう水族館です。

私はすみだ水族館の年間パスを持っているので、会社の帰りに寄り道してスカイツリーへ!!
テスト撮影開始です。
Nikon1は増感にまだまだ弱くて、ISO800でもかなり粉っぽい写真になってきます。
なのでISO設定はオートISO800にしておきます。あとはRAWモードの絞り優先モードにしておきます。

DSC_1476.jpg
クラゲに見入っているクラゲ姫をパチリ。
真っ暗なエリアなのでISO800になっています。
かなりザラついていたので現像はPhotoshopカメラRAWで行います。
ノイズの低減をして現像するとほとんどノイズは気にならなくなりました。
ISOは少し絞ってF2にしてあります。

DSC_1513.jpg
20cmまで寄れるのでシャコもこんなに大きく写せますよ。^^

DSC_1517.jpg
猛毒のこいつもこんなに美しく。
やはりRAW撮影は偉大です。

DSC_1571.jpg
すみだ水族館は全ての外光を遮断していて暗いうえに照明がめちゃくちゃで、
アンバー系やらブルー系の光が入り混じっています。
なので開放で撮ると色にじみが目立ってしまうので気をつけましょう。

DSC_1633.jpg
水族館内にある秘密の通路。
この通路も異常に強いブルーライトが点灯しているため、
普通に撮るとブルーが飽和しちゃいます。
RAW現像の時に彩度を若干さげてやる事でイヤラシイギラギラ感を抑えます。


そろそろ帰ろうかと思い、外へ出てみると降っていた雨は止んでますね。
見上げると!!

DSC_1638.jpg
うおお!! スカイツリーがなんか凄い事になってる!!

DSC_1642.jpg
まるで宇宙船がワープホールに頭を突っ込んでいるようです。

DSC_1664.jpg
雲が低くて丁度展望室下のダウンライトのところに!!
止まっているとわかりませんが、この時雲は流れていてものすごくかっこいいです。^^

DSC_1671.jpg
だいぶ展望室も見えてきました。やはりさっきのタイミングが一番すごかったですね。^^

さてと、せっかくだからカフェタイムでも・・・
って思っていたら。
DSC_1657.jpg
うむむむ、閉店(>_<)

DSC_1660.jpg
可愛らしい店員さんがかたづけしていたのでお店の外から撮ってみます。
ペンダントライトの照明がF1.8にどんな影響を出すか見たかったので撮った写真なんですが、
現像時に補正可能な色収差が出るに止まりました。
このレンズ、安いけどなかなか優秀ですよ。^^

DSC_1660b.jpg
RAWで撮っているからこんな事もできます。
現像時にただモノトーンにするのではなくて、強調したい色、いらない色などを調整してモノトーンに。
銀塩時代はモノクロ写真を撮る時に色々なフィルターを使って色の調整が必要でしたが、
PhotoshopカメラRAWなら、それがモニター上でできてしまう。
実に良い時代になりましたね。まぁそれがダメカメラマンを増やしている要因にもなっていますが・・

1NIKKOR 18.5mm 1.8G。とっても良いレンズです。
このレンズの癖を理解した上で撮っていけばストレス無く思い通りの写真が撮れますよ。^^


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Nikon1 J5を連れて銀座をブラブラする [写真]

平日、代休でお休みしているので、Nikon1 J5を連れて都内に繰り出してみます。
お目当は猫さんなのですがー、、、、いない(-_-;)
雨が降ったり止んだりしているんですよねー。さすが梅雨です。

お世話になっている写真家の茂手木師匠の事務所にお邪魔してスイーツタイムをしようとまずはここへ。

DSC_1411.jpg
どよーーんとした不二家さん。
別に不二家さんがどよーんとしているわけでは無く、
ガラス張りのビルだからどよーんとした空が映ってしまい特殊効果を演出しています。(笑)

DSC_1420.jpg
爆睡の赤ちゃん。かわいいです。^^

DSC_1428.jpg
お花やさんにはゴッホゴッホとひまわりが大量入荷です。
通りがかる人が皆注視してしまいます。お店の作戦勝ち!!

DSC_1453.jpg
なんか奥の建物、色がそこだけ違うんですけど・・
なんとなく面白かったのでパチリ。
どちらにせよ作品を撮る気にならないNikon1。逆に気軽にシャッターが切れるので快感です。

DSC_1459.jpg
レンズをさっき買ってきた1NIKKOR18.5mm 1.8Gに付け替えてファースト風景ショット
これ茂手木師匠の事務所からの眺めです。
この後師匠と月島にある銀一さんへ行って機材を物色。^^

DSC_1463.jpg
地元のひばりヶ丘に戻ると雨は止んでいます。

DSC_1472.jpg
夕飯は大好物の宝来軒のもやしそば

今回は買ったばかりの18.5mmをほとんど試せなかったので、近々たくさん撮ってきます。^^
ではでは

nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Nikon1 J5で茶トラを撮る [写真]

前回の記事から続きます。
三毛と戯れた後、茂みの奥に視線を感じます。
調べてみると

DSC_1268.jpg
おっ!キジシロ発見

DSC_1276.jpg
間合いが近すぎたので目が合うとすぐにスフィンクスモードから警戒レベルが1上がったお座りモードへ

DSC_1274.jpg
猫まばたきを送ると、安心したようです。
さてと、しばらくじっとしてコンタクトを続けましょう・・・
っと思ったらブーーーン
うお!スズメバチが!!
長居すると危険なのでここは撤退します。

さらに河原を進んでいくと・・・

DSC_1291.jpg
遠くに茶トラがいますよ。

DSC_1292.jpg
警戒して逃げようとするので、ここでも猫まばたきを送ります。

DSC_1295.jpg
敵では無い事が伝わりました。

DSC_1312.jpg
警戒レベルが1つ下がってスフィンクスモードへ
ここからのコンタクトは慌てずに時間をかけます。

DSC_1311.jpg
ちょっと崩れたスフィンクスモードなのでかなり警戒心を解いているみたいです。

しかしここでもまたしても通行人が邪魔をします。(-_-;)

DSC_1313.jpg
通行人から距離を取り始め、やがて茂みに逃げ込んでいきました。
むむー、残念。

次回もリベンジして少しずつ慣らしていって、この猫さんの配下にはいろうと思います。
ではでは!

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感